×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
2005年当時大和ミュージアムを先に見学して同年12月公開の「男たちの大和」尾道向島にある原寸大ロケセットをみて帰るのが正しい見学コースでした。ロケセットもここミュージアム敷地内にあれば完璧だったんですが・・・。

潜水艦の展示は2007年からです。このHP2016年Remakeなので潜水艦追加(Googleストリートビュー写真)2011年潜水艦見学へ行きましたが、旧型潜水艦でも機密保持が必要なのか写真撮影はダメ。見学できるのも司令室部分だけでした。
艦内、狭いとは聞いていましたが、一番広い司令室であの狭さ、もし全体を見学てきたとしても一度に多人数だと問題ありそうです。2016/8/30 Remake
 AM9:00到着!玄関に置かれた原寸大の錨。
この直後バスを連ね団体客が押し寄せる。
大和にはこのスクリューが4個付いている後ろには舵。
 これが45センチ砲  撮影、全体を収めるに苦労する。
 砲弾、対航空機砲弾もある。 特殊潜航艇・海龍だったかな?。 
零式艦上戦闘機六二型・思ってたより小さい。 
こちらは松本零士宇宙戦艦大和ブース。 
千光寺登途中からみた大和(向島日立造船) 
実物大とありましたが写真を見てもわかるように前部と左側面のみ、それに艦橋部分が無い?撮影終了後取り去ったのか、それとも最初から無かったのか、映画を撮るにしてもこれでは絵にならないと思うのですが。?調べてみると・艦橋部は高さ制限があるため作られなかったそうです、映画ではCGで描かれていたとか。造船所に高さ制限があるの?。

【男たちの大和/戦艦大和ロケセット 実際の戦艦大和全長263mの内、190m部分を実物大で実現 】
公開日時 2005年7月17日(日)〜2006年3月31日(金)午前9時〜午後6時(7月〜9月)午前9時〜午後4時(10月〜3月) 休業日 木曜日、12月29日〜12月31日 場所 尾道市向島町111番地「日立造船向島西工場」

 小さなフェリー・片道¥150。  正面に見える対岸を目指します。
 海から見た大和、船首を海に向けていれば・・。  到着!ここから1-2分
艦橋部がない? 主力の45センチ砲。 
 対空機関砲。  横から。
 尾道水道 (v_v)少々がっかり!。 
 千光寺公園 千光寺 
 フェリーから見えたお城。 行ってみると危ないところへ建ってます、また普通の木造作りですが遠くからみるとそれらしくみえます。